自動機製造を設計からソフトウェア開発・現地納入まで全てワンストップ

株式会社鳥取メカシステム

まずはお見積からご依頼ください 0857-52-6009

会社概要

ご挨拶

株式会社鳥取メカシステム
代表取締役 林 正太郎

当社は、1971年に部品加工メーカーとして創業した林鉄工所(代表 林正人)を前身として、設計、組立、電気、ソフトウェアと生産規模を拡張し、今日では自動機製造のスペシャリストとして、電子・電機、機械、医療・薬品、衣料、食品分野など多岐にわたる国内外のお客様からご愛顧いただいております。

『HARD&SOFT』の合言葉のもと、設計から全工程を内製化し、現地納入まで行うことのできる自社一貫生産体制を構築しており、製造工場の合理化、省力化、ロボット化に必ずお役立て出来ると自負しております。

これからの時代は、日本のみならず世界的にもAIをはじめとするロボット化、FA業界ではさらなる自動化の波が押し寄せてくることになります。それらに対応するためには、時代の変化を先取りし、また、変化に強い会社を創っていかなければなりません。我々はこれからも『お客様の工場のための工場』としてたゆまぬ努力を続けて参ります。

今後の鳥取メカシステムにどうぞご期待ください。

経営理念

鳥取メカシステムは、モノづくりを通じて、 従業員を物心両面において幸せにし、 
お客様に喜びと感動を創造し、広く社会に貢献いたします。



会社概要

会社名株式会社鳥取メカシステム
本社〒689-1112 鳥取市若葉台南7丁目1番31号
電話 0857-52-6009 FAX 0857-52-6010
生産システム研究所〒689-1112 鳥取県鳥取市若葉台南7丁目15-1
電話 0857-38-6226 FAX 0857-38-6225
設立昭和63年4月
資本金3,000万円
会長林 正人
代表取締役林 正太郎
従業員数130人
業務内容各種自動機(省力化設備)設計・製作・メンテナンス
各種精密部品設計・製造(少量・多品種・高品質・低コスト対応)
パソコンアプリケーションソフト開発
ホームページの作成


6・7・8工場


生産システム研究所

アクセスマップ

※ JR「鳥取駅」より車で15分、JR「津ノ井駅」より車で5分


最寄り駅までお迎えにあがります。ヘリポートも完備!

Company History

大切なお客様の身近なニーズを見つけ、一つずつ一つずつ協力させてもらい
解決してきた「挑戦」の姿勢が、私たちの現在に繋がっています。

昭和46年 林鉄工所として創業
昭和54年 (有)林エンジニアリング設立 鳥取市古海に工場を新築
昭和63年 (有)鳥取メカシステム設立
平成8年 現在の鳥取市若葉台へ新設・移転
平成12年 第2工場(設計棟 3階建)増設
平成20年 第4工場増設
平成24年 第5工場増設
平成29年 第6、7、8工場増設

沿 革

昭和46年08月林 正により林鉄工所を創業
昭和63年04月林 正人により(有)鳥取メカシステム 鳥取県鳥取市南栄町に設立
資本金 2,000,000円 社員数 6名
平成元年04月資本金 4,000,000円に増資
平成02年04月資本金 10,000,000円に増資 社員数 25名
平成08年08月(有)鳥取メカシステム ( 現在地: 鳥取市若葉台 ) へ移転
平成12年03月(株)鳥取メカシステムへ組織変更
ソフトウェア・機械装置の設計部門の拡充の為、敷地内に設計棟(3階建)を増築
平成16年03月加工能力拡大のため工作機械の導入
ワイヤーカット、NC旋盤、平面研削盤、大型マシニングセンター*2台 など
平成17年05月ISO9001 認証に向けてキックオフ
平成17年10月自社開発の生産管理システムとリンクしたISO管理システムを社内構築
平成18年03月経営革新計画の承認
若葉台本社の隣接土地取得、 同地に第3工場を増築
ISO:9001認証取得
加工能力ならびに組立製造力の増強を図るとともに、顧客の秘密保持体制を充実させる。社員数 60名
平成18年09月門型マシニングセンター、CAD/CAMシステムを導入 大型部品の加工及び5面加工が可能となる。24時間稼動の加工体制を構築。 社員数70名
平成19年03月三次元測定機、精密平面研削盤を導入。(加工品の高精度化を追求)
平成19年05月ISO14001:2004 認証取得
平成20年03月「生産システム研究所」を開設 研究開発を中心とした工学研究所として、企業立地事業の認定を受ける。本社及び研究所の社員数80名
平成20年04月生産システム研究所の設立 研究開発事業の強化(若葉台南7丁目15―1)
平成20年05月OHSAS18001:1999 認証取得
平成20年09月本社 南側に第4工場として、組立工場を増築(350㎡)
大型マシニングセンターを導入、加工体制を拡充。
平成24年02月本社 北側に第5工場を増築 組立工場(466㎡)、溶接工場(200㎡)、
駐車場の確保(7553㎡)
平成25年05月中国天津に合弁会社『天津東安機電』を設立
平成26年10月ニッチトップ(鳥取県第1号) 門型5面加工マシニングセンター導入
社員数120名
平成29年02月第5工場に門型5面加工マシニングセンター(3,500×8,000)導入
平成29年03月第6、第7、第8工場を増築
平成29年12月経済産業省より「未来牽引企業」に選出
平成30年02月林 正太郎が代表取締役に就任